読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徳山大五郎を誰が殺したか? 最終回 完全攻略

欅坂46 初主演 連続ドラマ 徳山大五郎を誰が殺したか? 登場人物 キャスト 見どころ あらすじ 最新情報を最終回まで完全攻略

徳山大五郎を誰が殺したか? あらすじ 7話

スポンサードリンク
 

徳山大五郎を誰が殺したか? あらすじ 7話

秋元康先生 企画・原作、欅坂46初出演・総出演のミステリー&コメディ学園ドラマ。

「徳山大五郎を誰が殺したか?」物語りもいよいよあとラスト2!!

このあたりで、最終回を完全攻略する為に、あらすじで物語を振り返って見ましょう。

徳山大五郎を誰が殺したか? あらすじ 7話は、下記の内容となります。

校庭に遺体を埋めたはずの徳山(嶋田久作)が教室に現れ、生徒たち(欅坂46)は悲鳴を上げて逃げ惑う。

だが、平手(平手友梨奈)は別人だと気付く。

男性の正体は、徳山の双子の兄・大四郎(嶋田=2役)だった。

「大五郎はもうこの世にいない気がする」という大四郎の言葉を聞いた一同の間に、緊張が走る。

1週間前、大五郎から学校のトラブルに巻き込まれたと打ち明けられた大四郎は、故郷の淡路島からやって来たと話す。

以上が、徳山大五郎を誰が殺したか? あらすじ 7話の紹介でした。

徳山大五郎を誰が殺したか?の放送は、テレビ東京系にて、
毎週土曜 24:20~24:50 です。

欅坂46ファンの皆さんは、お見逃しなく!!

スポンサードリンク
 
広告を非表示にする