徳山大五郎を誰が殺したか? 最終回 完全攻略

欅坂46 初主演 連続ドラマ 徳山大五郎を誰が殺したか? 登場人物 キャスト 見どころ あらすじ 最新情報を最終回まで完全攻略

徳山大五郎を誰が殺したか? あらすじ 4話

スポンサードリンク
 

徳山大五郎を誰が殺したか? あらすじ 4話

秋元康先生 企画・原作、欅坂46初出演・総出演のミステリー&コメディ学園ドラマ。

「徳山大五郎を誰が殺したか?」物語りもいよいよあとラスト3!!

このあたりで、最終回を完全攻略する為に、あらすじで物語を振り返って見ましょう。

徳山大五郎を誰が殺したか? あらすじ 4話は、下記の内容となります。

3年C組の生徒たち(欅坂46)が担任・徳山(嶋田久作)の遺体を教室のロッカーに隠して3日目。

副担任・神崎(江口のりこ)が担任を代行することになった。

徳山を殺害した犯人は近くにいるに違いないと感じる生徒たちは、張り切る神崎やクラスの仲間に対し、どんどん疑心暗鬼になっていく。

そんな中、刑事・矢代(菅原大吉)が突然、教室に現れる。

徳山のことが知られたのかと落ち着きをなくす生徒たちに、矢代は聞き込みを始める。

以上が、徳山大五郎を誰が殺したか? あらすじ 4話の紹介でした。

徳山大五郎を誰が殺したか?の放送は、テレビ東京系にて、
毎週土曜 24:20~24:50 です。

欅坂46ファンの皆さんは、お見逃しなく!!

スポンサードリンク
 
広告を非表示にする