徳山大五郎を誰が殺したか? 最終回 完全攻略

欅坂46 初主演 連続ドラマ 徳山大五郎を誰が殺したか? 登場人物 キャスト 見どころ あらすじ 最新情報を最終回まで完全攻略

徳山大五郎を誰が殺したか? あらすじ 9話

スポンサードリンク
 

徳山大五郎を誰が殺したか? あらすじ 9話

秋元康先生 企画・原作、欅坂46初出演・総出演のミステリー&コメディ学園ドラマ。

「徳山大五郎を誰が殺したか?」 9月10日(土)は9話目の放送となります。

物語りも折り返しに入り最終回まで目が離せなくなって来ました。

気になる最新のあらすじが公開されました。

徳山大五郎を誰が殺したか? あらすじ 9話は下記の内容となります。

徳山(嶋田久作)が死んで6日目、明日は文化祭だ。

C組の出し物は偶然にもお化け屋敷。

徳山を「活用」すべきか否か議論している中、ロッカーには変色し始めた徳山が見えている。

・・・と、ナイフが無い!?

さんざん動かしてきたので、どこかで落としたのかも・・・。

すると、昨日付で退職したという参宮橋校長の後任となった御堂園和紗(濱田マリ)が入ってきた。

職員室にあった徳山の手帳に「気になること」が書かれていたというのだが・・・。

以上が、徳山大五郎を誰が殺したか? あらすじ 9話の紹介でした。

徳山大五郎を誰が殺したか?の放送は、テレビ東京系にて、
毎週土曜 24:20~24:50 です。

欅坂46ファンの皆さんは、お見逃しなく!!

スポンサードリンク
 
広告を非表示にする