読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徳山大五郎を誰が殺したか? 最終回 完全攻略

欅坂46 初主演 連続ドラマ 徳山大五郎を誰が殺したか? 登場人物 キャスト 見どころ あらすじ 最新情報を最終回まで完全攻略

徳山大五郎を誰が殺したか? あらすじ 8話

スポンサードリンク
 

徳山大五郎を誰が殺したか? あらすじ 8話

秋元康先生 企画・原作、欅坂46初出演・総出演のミステリー&コメディ学園ドラマ。

「徳山大五郎を誰が殺したか?」 9月3日(土)は8話目の放送となります。

物語りも折り返しに入り最終回まで目が離せなくなって来ました。

気になる最新のあらすじが公開されました。

徳山大五郎を誰が殺したか? あらすじ 8話は下記の内容となります。

徳山の双子の兄・大四郎(嶋田久作=2役)は、弟になりすまして学園の様子を探っている。

放課後、大四郎は警備員(森下能幸)から「裏口入学のリストを出せ」と迫られる。

まさにその時、徳山の遺品の文庫本に隠されていたリストに菅井の名を見つけた平手友梨奈(本人)は、菅井友香(本人)を問いつめていた。

菅井は裏口入学・・・?

秘密を知った徳山を口封じに殺害…?果たして、疑うクラスメイトに菅井は身の潔白を証明できるのか!?

以上が、徳山大五郎を誰が殺したか? あらすじ 8話の紹介でした。

徳山大五郎を誰が殺したか?の放送は、テレビ東京系にて、
毎週土曜 24:20~24:50 です。

欅坂46ファンの皆さんは、お見逃しなく!!

スポンサードリンク
 
広告を非表示にする