徳山大五郎を誰が殺したか? 最終回 完全攻略

欅坂46 初主演 連続ドラマ 徳山大五郎を誰が殺したか? 登場人物 キャスト 見どころ あらすじ 最新情報を最終回まで完全攻略

徳山大五郎を誰が殺したか? あらすじ

スポンサードリンク
 

徳山大五郎を誰が殺したか? あらすじ

人気グループ・欅坂46の連続ドラマ初主演作。

「徳山大五郎を誰が殺したか?」

物語りは、シュールな笑いを散りばめた学園ミステリー!!

ドラマも、折り返しに入り最終回まで目が離せなくなってきましたね・・・

このあたりで、最終回を完全攻略する為に、あらすじを振り返ってみましょう。

徳山大五郎を誰が殺したか? あらすじは下記の内容となります。

私立欅学園3年C組の生徒たちは、ある朝、担任教師・徳山大五郎(嶋田久作)が教室で倒れているのを見つける。

「まだ生きてるかも」「人工呼吸とかすれば」などとざわめく彼女たちだったが、程なく、背中にナイフが刺さっているのを発見。

徳山が死んでいることを悟った生徒たちは混乱の末、遺体を教室のある場所に隠すことにする。

「意外と見つからないかも!」「入るかな?」「足とか切っちゃえば?」・・・。

かくも無責任で残酷な言動を繰り広げつつも、遺体を必死に隠しながら過ごすという奇妙な学校生活が始まる。

しかし、学園の教師や徳山の妻、刑事、記者などが教室を訪れるたびに、遺体に気付かれるかもしれないという危機に襲われる。

以上が、徳山大五郎を誰が殺したか? あらすじの紹介でした。

徳山大五郎を誰が殺したか?の放送は、テレビ東京系にて、
毎週土曜 24:20~24:50 です。

欅坂46ファンの皆さんは、お見逃しなく!!

スポンサードリンク
 
広告を非表示にする